海の日バイト|2016年7月18日海の日バイト

海の日はバイトで決まり!

海の家バイト

「海の日バイトしたい!」「7月18日だけのバイト」「3連休バイトで稼ぎたい!」

そんな方はコチラ!7/18 海の日おすすめバイトが探せますヨ!

 

海の日バイトは穴場で狙い目です!
今年(2016年)の「海の日」は7/18(月)国民の祝日です。学校や会社もお休みになります。「海の日」には、全国各地で海に関連するイベントや行事、お祝い事などが様々に開催される予定です。だから、海の日はバイト探しのチャンスなのです!学校がお休みでヒマしてる高校生や大学生の方、会社が休みだから会社員やOLの副業やWワークも可能ですよね☆

 

もちろん、主婦(専業主婦)やフリーターの方で「1日だけバイトしようかな?」なんてお考えの方にもオススメです。1日のみ単発バイトでも1万円くらい稼げますからね。夏休みお盆休み直前、海の日バイトでガッチリ稼ごう!

7/18海の日バイト探しにオススメの求人サイト

 

バイトル 海の日

バイトシーズン☆夏到来!日払い・単発のバイト探しなら『バイトル』がイチオシです。ユーザー満足度bPの王道バイトルなら、アナタにピッタリの仕事が見つかる!海の日は短期バイトがオススメです。もちろん2016年の7月〜8月の求人情報もいっぱい♪今すぐチェック☆

 

 

ショットワークス 公式

バイト業界の異端児・1回コッキリの単発・日払いバイトの専門求人サイトが『ショートワークス』。日払い(日雇い)など1日だけの仕事がメイン。WEBのカンタン無料登録だけで、明日のバイトが予約できちゃいます!気軽にトライしてみよう。

 

 

アン バイト探し

ネットのバイト求人サイトの認知度調査でbPを獲得した『アンan』の情報サイト。サイト使いやすさとバイトの探しやすさで大人気。特に10代〜20代の学生(大学生や高校生)、フリーターの支持がアツイ〜。スマホでも楽ラク検索できる〜♪夏休みのバイト探しにもピッタリだね!

 

 

≪海の日のバイト探し・対応地域はこちら≫
北海道/札幌/青森/岩手/宮城/仙台/秋田/山形/福島/東京/新宿/渋谷/池袋/神奈川/横浜/川崎/千葉/埼玉/茨城/栃木/群馬/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/愛知/名古屋/静岡/岐阜/三重/大阪/兵庫/神戸/奈良/京都/滋賀/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/博多/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

海の日にはどんなバイトがオススメなの?

7月18日の「海の日」といえば、すでに夏真っ盛りですね!当日は「海」に関するイベントが予想されるので、イベント関連のスタッフバイトは狙い目ですね。

 

それに7月18日の「海の日」だけでなく、前日の週末は7月16日(土)7月17日(日)と3連休になります。なので、海やビーチにはお客さんや観光客でいっぱいになるでしょう。イベント関連、飲食店、各種のサービス業などで、臨時スタッフが不足する海の日、ちょうどいい短期のバイトが見つかりそうです。海に近い地域に住んでいる方、海が好きな方は、ぜひ海の日バイトで働いちゃいましょう!

 

海がない地域の人におすすめのバイトは?

夏のイベント

 

日本国内には、海のない県や海から離れた場所で暮らす人の少なくありません。一生のうち海を見ずに過ごす人のいるくらいですからね。そんな海がないエリアの方には、夏っぽいバイトを探すことをお薦めします。大学生はもう夏休みに入っている場合もあるので、単発や日払いバイトを多様な業種でチェックしてみて。ピンポイントで「海の日」だけの採用スタッフも募集されているはずです。その時は、ネットの求人サイトでフリー検索の窓にバイトしたい日、例えば「7月18日」とか「7/18」とか入力してみて下さい。該当日に人材募集を出している企業や店舗がピックアップされます。その中なら好きな業種や職種を選ぶといいと思います。

 

「海の日」の由来や意味について

海の日の由来ってなに?

ここではちょっとマジメに、海の日の由来や意味について考えてみました。海の日は、1995年(平成7年)に制定されて翌年1996年(平成8年)から実施された、2番目に新しい国民の祝日です。

 

最初は7月20日が海に日だったのですが、ハッピーマンデー制度という法律ができて、7月の第3月曜日ということになりました。なので来年2017年移行の海の日は、7月18日とは別の日付となる可能性があります。ちなみに2017年(平成29年)の海の日は7月17日(月)になってます。

 

>>海の日の詳細はWikipediaをご覧ください。

 

「海の日」の意味は?

法律によると、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨として祝日に制定されたそうです。世界のどこの国をみても、『海の日』を国民の祝日としている国は日本以外にありません。日本は島国であり、地理的に四方を海に囲まれています。海からの恩恵を受けて発展してきた歴史がありますので、海に感謝する祭日があっても納得ですよね。

 

ちなみに「海の日」を英語で表現すると「Marine Day」でしょうか?「the day of the sea(ocean)」とでも言うのでしょうか?海の日自体が外国にないので表現の仕様がないのかも知れませんね。

「海の日」のイベント情報(2016)

海の日には、全国各地で海にちなんだ行事やイベントが毎年開催されています。昨年2015年の例をみてみましょう。

 

  • ・第19回函館港花火大会(北海道)
  • ・横浜スパークリングトワイライト(神奈川)
  • ・第14回Kobe Love Port・」みなとまつり(神戸)
  • ・ジャパン・ビアフェスティバル大阪(大阪)

 

といったイベントが実施されて実績があります。港町や沿岸沿いのエリアに多いようです。また、夏に関連する催事もいろいろ行われているので地元の地域でチェックしてみてください。

 

上記のような大規模イベントは今年も間違いなく実施されるでしょう。興味のあるイベントには、短期のバイト求人が出ていないか検索してみるといいでしょう。

 

 

「山の日」にも注目!2016年からの新しい祝日

2016年から新しく祝日が増えたのをご存知ですか、それは「山の日」ということで8月11日が休日となりました。今年がは初めてということで「山の日」の注目度がアップします。こちらも関連イベントの催しがありますので、山の日のバイトを探すのもいいでしょう。夏休みだからチョット働くにもちょうど良いですよね。